一般財団法人 南都経済研究所地域経済に確かな情報を提供します
文字サイズ
セミナー情報 一覧はこちら
ビジネスセミナー

新たな時代の外国人雇用
2020年10月7日(水)13:00~16:30
講 師/ 松本光正社労士・行政書士・診断士事務所
代表 松本 光正 氏

リーダーのためのチームビルディングセミナー
2020年10月22日(木)13:00~16:30
講 師/ ALive (アライブ)
代表 川北 麻紀 氏

「話す・書く」伝える力総合力強化セミナー
2020年11月11日(水)13:00~16:30
講 師/ 株式会社 ビジネスプラスサポート
人財育成プロデューサー
村井 絵里奈 氏

セミナーの詳しい情報はこちら
セミナーのお申し込みはこちら
特集(特別調査・研究) 一覧はこちら
what's New 一覧はこちら
2020年9月8日
「ナント経済月報9月号」発刊。
奈良県の経済、大阪府の経済、京都府の経済を更新しました。
粋なら(奈良の風景)

深谷龍鎮渓谷(ふかたにりゅうちんけいこく)
(宇陀市(うだし))

奈良県の北東部に位置する宇陀市は、2006年(平成18年)に旧大宇陀(おおうだ)町、旧菟田野(うたの)町、旧榛原(はいばら)町、旧室生(むろう)村の4か町村の合併により誕生しました。同市は、古くは『古事記』『日本書紀』にも記載され、『万葉集』では、柿本人麻呂の「かぎろひ」の歌にも詠まれています。このような歴史深い宇陀市には、神秘的な絶景スポットがたくさんあります。今回は、美しい渓谷の中にひっそりと佇む秘境「深谷龍鎮渓谷」をご紹介します。

室生湖(むろうこ)に注ぐ清流の一つである深谷(ふかたに)川を遡ると龍鎮神社が現れます。この神社は、同市内にある海(かい)神社の末社で、雨乞いのために設けられたと言われています。ここには、龍鎮の滝と言われる小さな滝と滝壺があり、拝殿と社殿の間を川が流れています。この社殿に向かって右側にある滝壺には、山からの清澄な水が流れ込んでおり、陽の光を浴びると美しいエメラルドグリーンに輝きます。その神秘的な輝きは、あたかも龍が潜んでいるかのようです。

伺った日は、直前まで雨が降っていましたが、深谷龍鎮渓谷に近づくにつれて日差しが戻ってきました。連日の雨で水量が多くなっていた為、川の流れに迫力があり、まさに龍が川面を勢いよく駆けているように見えました。川の流れる音が心地良いこの場所にぜひ、心を整えに行ってみてはいかがでしょう。


◆深谷龍鎮渓谷
  宇陀市榛原荷阪
  お問い合わせ(宇陀市農林商工部観光課)TEL0745-82-2457

(写真提供:宇陀市農林商工部観光課)


龍鎮神社と滝壺

最新号はこちらからご覧いただけます。   バックナンバー一覧はこちら
*本ページ上部右の写真は、明日香棚田の実りの秋・明日香村