一般財団法人 南都経済研究所地域経済に確かな情報を提供します
文字サイズ
セミナー情報 一覧はこちら
ビジネスセミナー【ハイブリッド開催】

2021年4月23日(金)13:00~16:30
「基礎から学ぶビジネスマナー」

講 師 南都経済研究所 主任研究員 八木 陽子
定 員 会場:20名 オンライン:20名

2021年5月18日(火)13:00~16:30
「リーダーのための課題解決力向上セミナー」

講 師 ALive(アライブ) 代表 川北 麻紀 氏
定 員 会場:20名 オンライン:20名
詳細はこちら
お申込みはこちら
特集(特別調査・研究) 一覧はこちら
what's New 一覧はこちら
2021年4月7日
「ナント経済月報4月号」発刊。
奈良県の経済、大阪府の経済、京都府の経済を更新しました。
研究所員の紹介を更新しました。
粋なら(奈良の風景)

岡寺
(明日香村)

石舞台や高松塚古墳などの歴史的遺産の数多く残る奈良県明日香村にある岡寺は、古称は龍蓋寺(りゅうがいじ)と言います。この名は、農民を苦しめていた悪い龍を、この寺を開山した義淵僧正(ぎえんそうじょう)が法力で池に封じ込め、大きな石で蓋をし、改心させたことからその名が付いたといわれています。後にこの龍は改心し、善い龍になり、今も本堂の前にある龍蓋池(りゅうがいけ)に眠っているそうです。また、悪い龍の厄難を取り除いたことから、日本最初の厄除け霊場として多くの人が訪れるようになりました。

「飛鳥の岡にある寺」から「岡寺」と呼ばれていますが、「花の寺」とも言われるほど四季折々、石楠花(しゃくなげ)や紅葉など美しい花々が境内を彩り、訪れる人々の眼を楽しませてくれます。毎年4月中旬から5月初旬に見頃をむかえる石楠花は、境内に約3,000株あり、可愛らしいピンクの花を咲かせます。またゴールデンウィークには「華の池」が開催され、境内の池や手水舎(ちょうずしゃ)に献花された色鮮やかな天竺牡丹(ダリア)が、数多く浮かべられます。暖かい風と色とりどりの花々が、心を穏やかにしてくれます。

岡寺は、SNSを通して季節を感じる行事や花々の素敵な写真を発信されています。これを見た人はきっと訪れずにはいられなくなるのではないでしょうか。 


◆岡寺
奈良県高市郡明日香村岡806
お問い合わせ

TEL0744-54-2007
(写真提供:岡寺)

 


境内を彩る石楠花の花

最新号はこちらからご覧いただけます。   バックナンバー一覧はこちら
*本ページ上部右の写真は、曽爾村の屏風岩と山桜